新頃を考える

・南京大虐殺

・従軍慰安婦問題

・靖国神社参拝問題

・新コロ問題

これらに共通しているのは、全て真実のデータを基にしていないということでしょう。同様の問題、他の病気との客観的な比較は一切しない。

南京大虐殺は、20万人を虐殺したというが、統計的に当時の人口が減った事実はなく、日本人記者、作家なども南京にいたが誰一人として見たという証言がなく、蒋介石が毎日の記者会見で南京大虐殺のことに触れた事実もない。ケントギルバート氏、英国人記者のヘンリースコット氏は共に「単なるプロパガンダ」であると述べている。

従軍慰安婦問題も、韓国側が用意した当時慰安所で働いていた方に政府が事情を聞くと、同じ朝鮮人に街角でいい仕事があると声を掛けられ、連れて行かれたインドネシアの話を時系列にすると、日本軍がインドネシアに進出するのはまだ先の話で、辻褄が合わない。朝日新聞は吉田清治の虚言を記事にして、国民に嘘を発信してきたが、嘘がバレて記事を取り下げた。福島瑞穂は、韓国で慰安婦を募り、裁判を起こし、NHKに売込み、事実とは異なるセリフ指導も行っている。

靖国参拝問題は、簡単に他国との比較をすれば良いだけだ。米国の大統領が、教会や墓地に参列したからと言って、問題と思う人もマスコミもいない。

新頃も馬鹿げた話で、まったく科学ではない。事実検証がないのだ。大橋眞(徳島大学名誉教授)の話では、「無症状の保菌者が人に感染させる」のは新説であり、根拠となるデータを開示して議論すべきと言っている。飛沫感染するのであれば、無症状保菌者の咳やくしゃみで出た飛沫を袋などに取得し、その数を確認するなど、客観的データの開示がまったく無い。ドイツでは、政府の新頃対策に反対する医師が団結して意見を述べている。

http://www.dailymotion.com/video/x7ul0zq

また、ワシントンで医師のグループがコロナ騒動に関して意見を述べています。

https://www.youtube.com/redirect?q=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FEM_KA_17%2Fstatus%2F1287856923157594113%3Fs%3D20&redir_token=QUFFLUhqbTFyNEw3cE9uWlg3WWVnVlV4RHdsNkQ2THdqd3xBQ3Jtc0tsUDhEV1RMTUJHRkpzdUVQako0RTZ5aVpDZTFleEhsTDVabzJzaEdXNEFkRG9lQUt5OXVsaHJsd0hTbTBFVUN4ZGJHYkdOODlHVVN2NGxtMnJvdTJBYUk4YmdkZG5lMDlsNkx3WEtMc2lLT3pCa1dqZw%3D%3D&stzid=UgxaXVQYqrAuNjM9Nwt4AaABAg&event=comments

  »
«